シアリス利用で尿道に違和感のあるヘルペスを治療

2019年09月06日
笑顔の女性

ヘルペスの中でも性行為を通じて感染する種類は、病変が性器の周辺を中心にして発症する事が多くなります。
これは性器に固有の症状をもたらし、排尿の際に尿道に違和感を感じたり、性器の周辺に赤い発疹のようなものが出来るのが特徴です。
また、この病気の特徴としては、局部の周辺に水ぶくれを伴う事があり、継続的な痒みを伴う事が多く見受けられます。
そのため、ヘルペスが原因で尿道に違和感が出た際には、時間の経過により排尿が困難になってしまう場合もあるのです。

大森の性病治療を専門に行っているクリニックでは、ヘルペスや性感染症の治療にシアリスを処方しています。
性行為が原因となる感染症は、性行為を通じた感染経路だけでなく、感染者との間接的な接触で感染するケースも見受けられ、バスタブやトイレの共有が感染原因とされるケースもあるのです。

そのため、感染経路の特定は困難になりますが、大森のクリニックではシアリスの処方に加え、性感染症の予防の指導も行い、ヘルペスや性感染症の予防に努めているのです。

大森のクリニックでは、性感染症の予防にはコンドームを使用しても完全ではない事を、個々の患者様に伝えています。
これは細菌が付着しているものを共有した場合は、感染経路となってしまうためで、とりわけヘルペスの場合は感染がしやすい細菌であるために、生活の面でも様々な配慮が必要とされます。
また、シアリスはヘルペスの感染では長期的な摂取が必要で、細菌の潜伏期間も考慮して継続した摂取が必要です。
ヘルペスは初期の症状では尿道に違和感を感じる程度ですが、その後は排尿の際に痛みが激しくなり、最終的には下半身全体に影響を及ぼすこともあるために、早期の治療が必要です。